Nikon1 V3を衝動買いする、そしてV1と比較


Nikon1 V4の足音が聞こえて来るかというこの時期、Nikon1 V1+1Nikkor VR 70-300mmのAFの遅さに辛抱たまらなくなりついにNikon1 V3を買ってしまった。
買ったといっても中古です。
ちょろっと寄ったカメラのキタムラさんに安くも無く高くも無い微妙な価格の中古品のV3ボディキット+αがちょうどあり、上記のAFのこともあり気が付いたらお持ち帰りしていたというわけだ。

元はボディのみのもののようだが後付けでEVFとグリップを足したらしく疑似プレミアムキットな構成、プレミアムキットからレンズをなくしたセットでレンズが無いこともあってプレミアムキットの中古より1.5万円ほど安価な価格であった。バッテリーが2個同梱されていたところもポイント高い。
(以前J3で使用していたバッテリーたちが流用できるので予備バッテリーは余るほどあるのだが。)
使用感もあまりなく見た目も綺麗で結構満足である。グリップは未使用品のようだ。

さて、外観などのレビューはさんざん出尽くしているだろうから割愛するとして、私の購入動機であるAFとV1と比較した場合の画質について述べたい。
1Nikkor VR 70-300mmを使った場合に特化した感想であるがAFはV1と比較してあるが明らかに速い。
V1だと望遠端付近ではAFが遅く置きピンみたいな事をしないと動体厳しいと感じたがV3では劇的に速くなっているので何とかなりそう。
小鳥は無理にしても犬猫くらいの動物や人、乗り物などなら動体でも行けそうな感じである。
EVFも見やすくラグも少ないのでV1より思ったところでシャッターが切れる。
本体の性能も上がっているので、なかなか捉えることがことができないような場面も撮ることができるだろう。
ベストモーメントキャプチャー機能を使えば初心者でもハイエンドな一眼レフカメラでも撮れないような一瞬も切る撮ることが可能だ。
70-300mm使用時のAF性能以外はV1でも十分高速で満足していたが全体的に一段階かそれ以上レベルが上がったといった印象である。
V1と比較すれば倍近く画素数が上がっているわけだが速度に関して言えば全てが向上している。
あとは肝心の画質だ。
Nikon1に劇的な画質の向上は期待していないが、少なくとも同等以上でないと他の改善した部分が無に帰する。
画素数が上がっているので手振れにも光学的にもV3のほうが厳しいと思われるが簡単に比較してみた。
10メートル程度離れた木手持ちで撮ったサンプルです。
比較のために中央付近を等倍で切り出してみました。

まずはV1

v1a

こちらはV3

v3a

どちらも望遠端、開放f5.6。V1はiso100でV3はiso160。順光で晴れ。
基本的な設定は同じにしましたがV3はisoが160のせいかシャッタースピードが1/400、V1は1/500。
色味が多少違いますね。
V3の方が高解像度なので相対的に同じpixelサイズで切り取ると大きく写ります。

V1が健闘しているのだろうか。
V1→J3の時と同様にあまり変わらない。

鳥でもいれば羽の写りとかで解像感の比較ができるのですがなかなか来ないし、同条件って難しい。
毛の生えた人形でも置けば良いのだろうか。

などと言いながら外を見たらちょうど同じ木に鳥がいたので激写!
jpeg撮って出し

v3b

鳥の羽の具合が分かるようにトリミング

v3c

で、どうだろう。

私的には解像感は大差無し。
解像度が上がった分向上したと考えても良いかもくらいの変化レベル。
まぁ悪くなってないし使いかってもAF速度も良くなってるので良しとしますかな。
と言うわけでJ5購入は無くなりました。

次のスポーツ撮影の機会はLumix G7で4K Photoを試そうかと思っていましたが、こいつで行きたい。

Nikon ミラーレス一眼Nikon 1 V3 プレミアムキット ブラックNikon 超望遠ズームレンズ1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6 1NVR70-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です