iPhone用SDカードリーダーでデジカメ画像取り込み


今となっては当たり前な機能としてデジカメに搭載されているスマホとのWiFi等での連携。
ひと昔前の一眼であるNikonD600には当然内蔵されていない。
オプションでNikon純正としてはNikon WU-1bという外付けWiFiユニットが販売されているがカメラ本体脇に取り付ける形になり出っ張るのが嫌だ。何かの拍子にコネクタ部分を破損させてしまうかもしれない。
今現在はD600にはEye-Fiの少し前の製品を使用しているのだが電池を結構消耗するしClass6なのが原因なのかわからないが連写が息切れしてしまう。連写が得意な機種でもないので秒間の枚数は特に問題ないのだが6~7枚しか連続して撮れずバッファーが空くのを待つのかカードへの書き込み待ちなのか秒間枚数が激減してしまう。
というわけでD600で使用するSDをそこそこ速いものに変えるとしてスマホへの取り込みはスマホ専用のSDカードリーダーを使用することにした。
SDの抜き差し自体SDスロットの接点の寿命を減らすかもという大出今までEye-Fiを使用してきたのだが即写真をシェアしたい場面は限られておりSDカードの抜き差しは最低限で済むはずだ。
書き込み速度の速い最新のEye-Fiに買い替えるという手段もあったのだがSDカードリーダーの方が安いしデジカメ画像以外にも使えそうなので物理的な接続方法を選択したのだ。

さて今回調達したものはlogitec社製のLMR-MB08SVという機器。
lightning端子を備えておりiPhone,iPad,iPodで使用できる。
読み込みできるメディアはSDカードとMicroSDカード。
本体にUSBコネクタもありPCのカードリーダーとしても使用できるようだ。

DSC02755DSC02756

もともとiPad用のデジカメ接続用のMD821M/Aという製品をもっているのだがiPad専用で新しく出たiPhoneでも使えるMD822M/Aというものを買えば解決はできたのだがLogitenの製品はデータの移動はiPhone-SD間で双方向にコピーできるし画像データ以外もやり取りできる、業務用途でiPadにファイルを移動したりしたい事が多々あり試しにこちらを買ってみることにした。
デジカメ画像オンリーな方はapple純正のMD822M/Aの方が幸せになれるかと思います。

DSC02757
これは旧機種(MD821M/A)

こいつを使用するには専用のアプリが必要でiPhoneに接続したらappを入れろの画面がでたのでその通りにしアプリを起動。
ファイルマネージャーのようなUIでデータをやり取りするらしい。
私の場合はiPhone6plusで使用しています。
使い方は簡単。
カードリーダーを接続しSDカードを入れる。
全選択してカメラロールにコピーーするだけだ。
Eye-FiなどのWiFiとは比べ物にならないくらい転送は速くD600で撮影した1枚10~15Mbytes程度のJpeg画像を153枚コピーするにに2分もかからない。大体1枚1秒程度の転送速度だと思う。Eye-Fiだとアプリを起動してEye-Fiのアクセスポイントに接続、たぶん速くても10分以上はかかるだろうと思う。ちゃんと転送されているかたまに確認する必要があるし。。。

接続する手間があるのでどうかな?と思っていたがこれだけ速ければ逆に手間は気にならないレベルだ。

転送中はこんな画面になる。

IMG_9081

まだすべての機能を試してないし使いきれないと思うが、デジカメデータ転送以外に簡単に出来る事としては、

  • いっぱいになったiPhoneの画像&動画データを簡単に退避できる。
  • SDカードに入っている画像や動画の閲覧が本体のカメラロールに移動しない状態でもできる。
    そのまま動画を再生することができるので結構重宝するかも。

私はiPhoneで撮った写真や動画をituneで管理しておらず専用アプリでWiFiを使って転送している。
サイズの大きい動画が多数あるとしばらくかかるので自分のやり方ですと結構使えるかもです。
amazonの評価では微妙ですが自分の個体は特に問題はないようです。

残念な点としては本体がアルミか何か金属的なもので出来ていると勘違いしていてまして、実際はプラにメッキで値段の割に安っぽい感があります。

私的な感想としては前述した通り双方向の画像データなどのやり取りがある人には良いかも、デジカメ画像を取り込むだけなら純正をお勧めします。

 

簡易監視カメラ設置 IODATA TS-WLC2購入


防犯のためにIODATA製のネットワークカメラTS-WLC2を購入した。
この機種に決めたのは色々な製品があるが比較的高機能で安価であったからだ。
SDメモリに保存できる事と赤外線のLEDを搭載している事が私のニーズにマッチした部分だ。
簡易的は通話機能は野外を映すので不要だが面白い。
IODATA的には電動でパンやチルトができる機種を除けば上位の機種に当たる。

DSC_8793DSC_8794

一応構想としては

まず中心は庭になるが門が入るように監視。
動体を検知して録画。
そしてメールを自分へ配信。
夜は赤外線で暗視。

な感じ。

DSC_8795
本体の他に電源アダプタと専用自立スタンドが付属する。

DSC_8797DSC_8798DSC_8799
再度にはMicroSDスロット、背面にコネクタ類を接続する。

さてさっそく開封しマニュアルをとりあえず流し読み。
最近この手のWiFi対応機器はどれもWPSに対応しているが、自分は手動で設定したいのでまずは有線で接続してブラウザから無線LANの設定やらIPアドレスの設定などを行う。

基本的なネットワーク設定をが終わったらAppStoreからIODATAのアプリをインストールしカメラを登録する。
あっさりカメラの画像が表示されたので取り付け方法を考える。

本当は野外に設置したいが屋内用だし野外には電源もないので窓際に設置するしかない。
本体を自立させるスタンドのようなものが付属しているのでそれを使えば設置も楽ちん。
私の場合は100%子供にいたずらされるので、窓枠に突っ張り棒をかませ、そこにクランプで取り付けることにした。
電源はエアコン用に敷設されているコンセントを使う。

DSC_8962
わかりずらいがこんな感じで。

そこそこ広角なので二階のまどから庭、道路側の門まで収まる様な形にセッティング。
日中はそこそこ見える。
問題は夜間だ。

そして夜になり・・・

 

ガーーーーン!

 

赤外線LEDが窓ガラスに反射して全く外が見えない!
合わせガラスなのも悪い方向にころんだ!?

という、とほほな結果に終わりました。
やっぱり野外に設置する方法を考えた方が良いかな。

もうひとつ懸念されることとして、風で揺れる木に動体検知機能が反応してしまわないか?
録画しっぱなしになったりして・・・

まぁ最悪、高齢な両親宅(実家)に両親の様子見用に使っても良いかも。

4Kビデオカメラ HC-VX980M ちょっとレビュー その2


入園式に使用する前の予行練習としてディズニーランドで軽く撮影してみた感想。

まず心配していた重さ大きさについて

比較的軽いと思っていたが一脚・三脚など禁止のディズニーランドでの手持ち撮影は結構しんどかった。
大きさは特に気にならないけど荷物が多くなりがちな状況では結構がさ張り出し入れに気を使う。

レビューとは無関係ですが、ディズニーランドで結構自撮り棒を見かけた。あれがOKならブラシレスジンバルもOKなのかな??

入園式は固定だし一脚はOKなようなのでVelbonのちょっとした足のついたpolepod2を持っていく予定。
(polepod3が出たようだが違いがわからない。)

音質

設定である程度抑えられますが結構風切り音が入る野外で使用する場合はウィンドマフ的なものがあった方がよろしいかと思います。
専用のものが無いので適当なものを張り付ける感じになるかな。
メーカーには純正で何か用意して欲しいですね。
私は音が必要な場合は外部マイクを使用するつもりです。

画質等

解像感は前回のレビューと同じく良いです。
普通のFullHDのテレビで見てもテレビ放送よりもくっきりはっきりだと思います。
ダイナミックレンジに関してはやはりホームビデオって感じで色が安っぽい。
日中はそこそこ。
テレビ画面で動画として見た場合は気になるレベルではないですが夜間はちょっとノイジー。
手ぶれ補正は十分効いていると思います。
画角について30.8mmスタートなのでちょっとワイコン欲しいとも思ったが純正のワイコン、めっちゃ高いので少しバックすることで代用しました。
ビデオカメラってみなこんな感じなんでしょうか。
理想を言えば24mmくらいからスタートして欲しい。
※同じパナソニックのFHD製品群は28mmスタートなようです。

参考(日中と夜間の4K切り出し画像)

S1060001S1030010

 

 

画質についてあまり良い評価をしてませんが普通に綺麗で実用上は十分なレベルで、お手軽にこのレベルの動画撮影が可能であることを考えると個人ユースには特に問題ないと思います。
これ以上を求めるならお手軽さは無くなりますが、ごつい業務用ビデオカメラかSonyのa7シリーズ,a6300のような動画撮影が得意な一眼カメラに行くしかないかと。

動画ファイルについて

私の場合はUSBで接続してデータをPCにコピーするだけの事ですが、4Kはなんせ容量が大きい。
すぐ10Gとか行きます。
(4Gで分割されることはありませんでした。)
保存も編集も一苦労です。

操作性

私の使い方では特に問題にはなりませんが、一眼カメラのようなインターフェイスになれていると、タッチパネルでのメニュー操作が逆にウザったい。なかなか目的の設定にたどり着けない。
ビデオで簡単な編集をすることができるようだけど、画面操作が煩わしくてするきにならない。
かと言ってビデオカメラからデータを取り出してしまうと4K切り出しとかできないのでビデオカメラ上でやるしかない。それをするまでデータを消せないのもいただけないところです。
別のやり方があったら教えてほしい。

バッテリー

付属の標準サイズのバッテリーでも結構十分だったりしそうですが、予備のもう一個あった方が良いと思います。
充電忘れとかあったら最悪ですしね。
最近は当たり前なのかもしれませんが、このビデオカメラはUSBの5Vから充電できるので、スマフォの充電器があれば充電できます。(ただしケーブルは専用なのでそれ忘れたらだめ、あと充電器の容量が小さいと時間はかかるかも)
予備バッテリー1個と10000mAhくらいのモバイルバッテリーがあれば安心ですね。
私は一応大容量バッテリーと専用充電器買いました。
専用充電器は100V仕様なのでAC100Vコンセントが必要です。

総評

コスパは良いと思う。
でもFullHDのそこそこ上位のものが買える価格帯なので4Kと4KPhotoが不要な方はそちらでも良いかなと思います。
ビデオを撮っとけばL版程度なら使えそうな静止画が得られますので私のような小さい子供が撮影対称な方にはお勧めです。
何か行事や催し物を撮るには良いと思いますがやや大きめなので旅行などに持っていくにはちょっと荷物になりそうな感じ。

また、自分を撮ることは無いと思っていたので個人的に要らないと思っていたワイプ機能。
先日のディズニーランドでパレードを撮っているとき、ワイプカメラがあれば同時に子供を撮れるんだと思った。
あればあったで便利に使えるかもです。
(パソナニックのアクションカムで代用できるようですが)
予算に余裕がある方はそちらもお勧め。

Lumix-G7で動画撮影テスト


仕事で地元から車で30分くらいのところにある長瀞を通る予定だったので少し早めに家を出てLumixG7での動作撮影テストを行った。
一応比較のためにNikon1V1でもパンケーキレンズ10mm/f2.8を取り付けて撮影。
時間が無く適当に撮ったので設定など細かくしていないが参考に。

https://www.youtube.com/watch?v=vzTmXZ3Iw7g

StickPC購入 Intel STCK1A32WFC


PC量販店に立ち寄った際に以前から気になっていたStick型のPCが何種類か展示されていた。
ちょっと予定外であったが今回Intel製のStickPCを購入してみた。
同じくマウスコンピューターからも販売されているが32GBモデルの値段が変わらなかったので一応純正?のIntel製をチョイス。

st01st02

 

Intel Compute Stick STCK1A32WFC スティック型パソコン / Windows8.1Bing BOXSTCK1A32WFC

ざっと本体の特徴的な部分を紹介したいと思う。
まず小さい。
基本的にモニターのHDMI端子にさして使用するものなのでPCとしては未だかつてない小ささだ。
少し巨大なUSBメモリーといった外観である。
電源は専用のアダプタから供給され本体には電源の他には
映像信号を出力するHDMI端子
増設用のマイクロSDコネクタ。
キーボード等を接続できるUSB2.0コネクタ。
そして電源ボタンである。

st03st04
↑iPhone6plusとの比較

有線LANは接続不可だがWi-Fi対応、blueTooh4.0も搭載している。
ざっとこんな感じであるが、昔から比較すると夢のような小ささである。
PC-8001やPC-9801など初期のパソコンと比較すると性能もおそらく数万倍。
技術の進歩を見た感じである。

私が購入したモデルは内蔵フラッシュメモリーが32GB版であるが前出のマウスコンピューターのものは32GB,64GBの2モデルが展示されていた。
後付けでMicroSDが使えるのでデータはそこに入れるとして、私の使用用途では32GBで十分である。

st06

このPC、何に使うかというと私の場合は2通り考えている
1番目はリビング用PC
リビングのテレビモニターに接続して使用する。
リビングで使用する様にタッチパッド内蔵のワイヤレスキーボードも合わせて購入した。
家族で写真を見たり印刷したりネットで調べ物をしたり、ちょっとYoutubeなどを見るくらいを考えている。
いちいちノートPCを出してきたり書斎に行くほどでもない場面で活躍しそうである。
とりあえずこれから初めてみようと思う。

2番目は業務用途
客先でのプレゼン用だ。
基本ノートPCを使うがこのStickPCを使ってプレゼンをしたら先方にウケると思う。
Officeアプリをインストールしそれ専用とする。
さすがにモニターを持ち歩けないので使用場面は限定されるかも。

USB端子にワイヤレスキーボードの受信機を取り付ける。

st08st09

モニターに直接刺すと干渉しそうなので、短いHDMI延長ケーブル経由で接続する。
電源が別途必要なのは実に惜しい。

出先で必要になるかもしれないのでモバイルバッテリーで駆動できるか後で試してみたいと思います。

電源をオンすると普通にWindows8が起動。
真っさらな状態だとそこそこストレス無い程度の速さで動作します。

YouTubeもFullHDでもカクカクする事なく再生OK。
AppleTV要らずになりそう。
キーボードとマウスがあるので結構軽快に使えます。

WiFi経由での写真の閲覧は、無線だけあって流石にもたつきますが無線のノートPCとの比較では特に遅いという感じは無く。
最近GooglePhotoにシコタマ写真をバックアップしているので、それを見ているだけでも楽しい。