RaspberryPi3B+液晶モニター(タッチペン)


2017年、第一弾はRaspberryPiで行きたいと思います。

XojoのRaspberryPi版ライセンス購入に先立ち実行環境としてRaspberryPi3Bとビルドオン方式のRaspberryPi専用のタッチペン対応、800*480 5インチ液晶モニターを購入してみた。
価格は非常に安くAmazonで4800円ほどでした。

raspberryPi2と3に対応しているようです。
メーカーのwebに初期型に関する事項がないので2以降用かもですね。
処理速度の問題もあるので気になる方は3Bを使用したほうが宜しいかと思います。
商品は段ボールに梱包されておりますがマニュアル等は一切ありません。
と言っても取り付けはRaspberryPiのGPIOのコネクタ部に差し、同梱のHDMI接続用の基板でHDMI端子同士を接続して終わりです。
HDMIで映像信号、GPIOの端子で電源とタッチ情報のやり取りをしていると思いますのでHDMIは延長できてもGPIOの延長にはケーブル長がどれくらい取れるかは微妙、そういった用途に使う予定の方は注意です。
DSC02922DSC02923

DSC02924DSC02928

至ってシンプル。

今回はRaspberryPi3Bについては触れませんが、このために2台購入しました。

OSはRASPBIAN JESSIE WITH PIXEL(2016-11-25-raspbian-jessie.zip)を使用。
サムソンの64GBのMicroSDが安かったのでそれを使ってます。

このモニターを使うにあたりRaspberryPi3Bは推奨2.5A取れる電源が必要なのでこのモニター分電力が追加され、いささか電源が心配でしたがいつも使用しているモバイルバッテリーであっさり起動。
たまに電力不足のカミナリマークが表示されますがとりあえずは大丈夫そうです。
モバイルバッテリー自体はスペック的には5V2.1Aです。

はじめ画面の横の解像度がおかしいのでメーカーサイトにあるconfig.txtを参考に修正。

DSC02929

 

ドライバーのインストールは
https://www.elecrow.com/wiki/index.php?title=HDMI_Interface_5_Inch_800x480_TFT_Display
メーカーwebサイトを参照。

tar xvf LCD-show-150602.tar.gz
cd LCD-show
sudo ./LCD5-show

とするだけ。

DSC02936DSC02937

ペンが使えるようになりました。
専用のDS用のようなスタイラスペンが付属してきますが感圧式なようで指でも反応します。
なかなか良い感じですが、むき出しなので画面を去れって操作するのはちょっと不安。
専用のケースとかあれば良いですね。
いろいろ使用場面が膨らみそうです。

液晶自体の使用感としては5インチはやはり小さい。
パッと見た感じL版の写真程度の大きさっぽいです。
これより小さい3.5インチの製品もあるようだが私的には5インチ限界。(何しろiPhone6plusより小さいし)
左右の視野角はそこそこ良いように感じるが下方向からは見ずらい。
写真のように立てて使ってます。

私の購入目的は自作アプリの実行環境(予定)なので電卓のようにボタンを大きくすればそれなりに操作できるけど、他のアプリはやはりマウス&キーボードがないと操作しずらい。
800*480という解像度も何をするにも中途半端。

2016-12-31-152728_800x480_scrot

タブレットのように使うのはちょっと無理があるかもです。
操作パネルとか何も決まった内容を常に表示するとか用途には良さそう。

とは言え玩具としては低価格で購入できるので楽しい。
3月にXojoのライセンスの更新が必要なのでその時にProに移行してRaspberryPi開発環境がそろったらこいつを使って遊んでみたいと思います。

Xojo 半年使った感想


Xojoのライセンスを購入し半年間使用しての感想。

私が購入したライセンスはデスクトップとWEBアプリのライセンス。

いっそProでも良かったかなと思うのですがすぐ仕事に繋がる案件などがあればアップグレードも考えますが、なかなか使いきれないので当面はこの構成で行きたいと思います。

それと経費にできる金額の範囲というのもあります。

さて、しばらく使ってみての感想ですが一言で言えば簡単にできる。

正確に言うと簡単なことは簡単にできる。

VBと同じような感じといったら良いだろうか。

ちょっとした業務アプリならプログラミング経験者であればデスクトップでもWebアプリでも難なくできるでしょう。

しかし多少高度な事をやろうと思うとたちまちドキュメント不足が災いして進めなくある。

ドキュメントは英語が主なので調査にはそこそこ時間がかかるし、参考になるソースなどもあまりネットにはないので躓くと結構ハマる感じだ。

VBやVC#と違い英語のソフトを日本語対応させた的な感じなので、和暦や全角かな文字変換などの扱いは苦手。

まぁ私はCP/M80とかでアセンブリ言語でのプログラミングをしていた時代があるのでそれほど苦ではないけど便利なものに慣れてしまうとどうしても億劫になってします。この辺はお金を出してライセンスを購入しているユーザーとしては機能改善して頂きたいところである。

しかし正規ライセンス購入しているのでその範囲で技術的なサポートも受けられるのでどうしても解決できない場合はサポートを利用しています。

実際のプログラミングに関してはまずはデスクトップアプリで言うとVBやC#と同じくウィンドウにコントロールを配置してイベントを書く。

今どきな感じでボタンを押したら処理が走る的なアプリは簡単だ。

ほぼVBなどと変わらない。

いろいろ簡単なできるという面ではコードだけでなく例えばVB.netでデータベースなどを扱う場合は使用するDB用のプロバイダなどを組み込んだりする必要があるがXojoではそれも不要だ。あらかじめ用意されているORACLEやPostgres、ODBCなどは何もしなくてもプログラミングができる。

バイナリの配布にしてもビルドしたものをそのままコピーすれば良い。

生産性は抜群に良い。

業務を効率化したいがIT可する予算が限られている小規模な中小企業などには最適ではないだろうか?

Webアプリも同じく簡単にできる。

デスクトップアプリと同様にコントロールを配置して処理を書く。

perlやphpでは簡単にはできないことがいとも簡単に出来てしまう。

作成したWebアプリはXojoCloudなる有料の実行環境もあるがビルドしたWebアプリを起動するだけでWindowsでもWebサーバーとして動作させることができる。またApache+Perl環境があればCGIスクリプトとしても動作させることができる。

この楽ちんさを体験してしまうと、もうPerlやphpには戻りたくない!

以上良いことを書いたが簡単にできると言っても複雑な処理やグラフィックを使ったがセンスの良い画面デザインなどを考えるとそれなりに手間はかかるし技術も必要だろうと思います。

いろいろな処理をするにはプログラミングのテクニック的な事も必要でしょう。

自分以外の人間が使用に耐えるアプリケーションを作成するには、それなりに学習、調査、苦労は必要になります。

私個人の意見として本格的なプログラマーを目指すなら、やはりC#やJAVAをお薦めするが本業がプログラマーで無いが自分の作業をプログラミングを応用して素早く完了させたい方やある一定規模のシステムの管理用のツールなどを作成する、または個人事業主や数人規模の会社などで自社用アプリを作成するなどの用途には最適ではないかと思います。

最近は学校でもプログラミング的な事を学ぶそうですがXojoはRaspberryPiにも対応しているので中学生ほどの年齢の場合はスクラッチみたいなものより学習用としても良いかもしれません。

現在のところ私的にはXojoとVisualStudio(c#,VB)をメインで利用していますが次のライセンス更新時期にはiOS版とRaspberryPiアプリを開発することができるPro版へと移行したい。Xcode+swiftはとても片手間ではできそうにない(私には)。

本業プログラマで無い私には色々覚えるには範囲が広すぎるしそこそこやっても本業プログラマにはかなわない分、簡単だけど素人にはできないような痒いところに手が届くようなアプリ開発にXojoを利用していきたいですね。

それにしても更新ライセンスもっと安くならないかなと思う。

XojoでWebアプリケーション作成テスト


試しに使ってみたXoJo、前回の記事の宣言どおりwebアプリケーションのライセンスを購入してみた。

しかしやっぱり情報が少ない。

簡単な言語リファレンスは英語だがあるので、まったく調べようがないということはないが、Xojoの作法というか解説したものがないので、こう言う場合はどう表現したら良いのか的な事を調べるのは大変だ。

逆引き的なものがあるとほんと助かると思う。

大まかな事は無料版で分かっていたので早速webアプリを作ってみた。

それにしても生産性が良い。

情報量が少ないと事で調査する時間を含めても、簡単な事なら瞬時にできる。

ライセンス料がかかるというっても.netのように実行環境に費用がかからないのでトータルでは非常に安価でwebアプリケーションを公開する事ができるし、スタンドアローンでビルドすれば作成されたexeを起動するだけで良いので、いろいろ手間いらずだ。

まだ知識的に複雑な事はできないが、今別件で作成しているiOSアプリのアプリサーバーへ記事を投稿するwebアプリケーションを作成してみた。

これくらいの事なら現状のXojo知識でも十分できるくらいXojoは簡単だ。

大まかに言いますと位置情報を取得してアプリサーバーへコメントをPostするだけのアプリだがiOS+Swiftの方は四苦八苦している。

見栄えとか細かい部分はさておき3時間足らずで完成。

おそらく半分は調べている時間なので、経験と知識があれば30分とかでできる内容だろう。

一応iOSアプリでやりたいと思っていた事が簡単にできてしまった。

しかもwebアプリなのでAndroidとかでも使えると思う。

素晴らしいではないか。

とりあえずの完成品は
http://124.41.69.194:8080/
でアクセスできます。
位置情報を取得しますのメッセージが出ましたら許可を選択してください。
(PCだと問題ありませんがiPhone6sのサファリで開くとフル画面表示されない、調査中)

簡単な説明
・コメントを未記入で投稿ボタンを押すとリロード
・GPSの位置情報を元に記事を表示する
・記事を表示する範囲は範囲のところで5段階に設定できる
以上

私のようなサンデープログラマーレベルにはこの安易さは良い、Xojoは費用対効果が大きいシステムである。

追記:2016/3/17
iPhoneのサファリで表示時に画面いっぱいに表示されるように修正。
webアプリの場合はviewportのサイズを合わせないといけないらしい。