こども動画撮影環境を極める(3) SJ4000を購入


iPhone4s+ワイコンがいちいちなのでGoProと行きたいところだがGoProが高すぎるためパクリ製品であるSJ4000を購入した。
DSC09088DSC09089
価格は約1万円、同等スペックのGoProの4~5分の1の値段である。
まあまあ良ければ2台買っても良いくらいの価格だ。
とりあえずブラシレスジンバル(以下スタビ)に取り付ける用に購入した。

DSC09091

ムービー性能は大体スペック的にGoPro Hero3のホワイトエディションくらいか。
外観などGoProにそっくりであるが相違点は、まず小さいが液晶が付いている。
価格は安いが質感はさほど安っぽさを感じさせない。
とは言えGoProが高すぎて安く感じるだけかもしれないが・・・
fullHDの30pである。
外部マイクを付けられない。
あとGoProと比べると2~3mm程度だが若干厚みがあるようだ。

さっそくスタビのマウントに取り付けようと思ったがその若干の厚みと、サイドのボタンの位置などの影響で、スタビ付属のマウンターに取り付けることがきなかった。
ちょっと誤算だ。

何個かのパーツを組み合わせ無理やり固定。
DSC09096
左の黒いのがもともとのGoPro固定用マウンタ。
仕方ないので、これに似た感じの使えそうなマウンターを買うことにした。
それがコレ。

SDIM0233
黒いほうがもともと付いていたGOPro固定用のマウンタ。
もう一方がSJ4000用に出回っているモノ。
黒い方だとSJ4000がGoProより数mm厚みがあるので取り付けできず。
SDIM0235
これでばっちり取り付け完了。

それとレンズの外側のハウジングの部分の径がGoProと異なる(径が小さい)ようで、GoPro用のレンズカバーが使えなかった。

フィルター類も取り付けは不可。
仕方なくレンズキャップは専用のものをネットで調達。フィルター類はあきらめることにした。

そんでテスト撮影
天気は晴、前回は革靴で歩きづらかったが公平を規すため同じ革靴で挑んだ。

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=JvDYqCv3S38

テスト動画サーバー
http://k2-y.com:8001/clipbucket/watch_video.php?v=YX92H3SU8MNB

うーん、なかなか良いが。
音質が駄目すぎる。
ちょうどテスト撮影をしている時に電車が来たので撮影してみたのだが音がこもる。高い音域がカットされたような感じだ。
外部マイク接続不可な為改善不可能。
アクションカム的な用途に使うのなら多少音質は犠牲にすることもできるかもだが、自分の場合は子供を撮影する用途なので普通レベルの音質も欲しい。
音を別取りするほどのものでもないし。
SJCAMの新型も同じようなものかな??
やはりGoProを買うのが手っ取り早い解決法なのだろうか。

3軸電子制御カメラスタビライザー テスト


近所の公園にて3軸電子制御カメラスタビライザー(以下スタビ)のテスト撮影を行った。
前半はスタビ+iPhone4s、後半は比較用の小型の三脚+SONY RX100M2である。

スーツに革靴という事もあり、しかもめちゃくちゃ暑くてダルかった事もあり、上下動が結構激しかったようで映像にそれが表れている。
歩き方を改善すればもう少しスムーズな動画になると思われる。
一方、RX100M2は手振れ補正をONにしているにも関わらず結構ブレブレ。
見るに耐えないレベルだ。

それだけこのスタビが強力であるという事か。

youtubeにテスト動画をアップしました。
下手な編集ですが参考にどうぞ。

 

image
場所は近所の公園

Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=ohNNkxdwF_c

テスト動画サーバー(clipbucket)
http://k2-y.com:8001/clipbucket/watch_video.php?v=777B5358G191#

3軸ブラシレスジンバル(スタビライザー)


友人から表題の3軸ブラシレスジンバルを譲り受けた。
サンコーレアモノ・ショップで売られているものと同型だが、購入先はamazonとのことだ。
定価はそこそこするが安値で頂いた。
3aginbal
この手持ちの3軸ブラシレスジンバル、GoProとiPhoneなどのスマフォを取り付けるためにステーが付属している。
早速、iPhone4sで試してみたが面白い。
手振れが完全に抑えられ、まるで映画やドラマなどのワンシーンのような動画を撮影することができる。いわゆるヌルヌル動画というやつ。
歩きながら、小走りでも多少上下動はあるものの手ぶれが押さえられている。
通常のアナログなスタビライザーなんて目じゃない。
面倒なセッティングも必要無い。
こんな簡単にいわゆるヌルヌル動画が撮れるとは。
iPhone4sの動画撮影機能だと静止画で焦点距離約33m程度、動画だとそれ以上で広角が足らない。
それとスマフォのような形状だと風の影響を受けるのであまり速い速度で移動しながらの撮影には注意が必要だ。
小型で広角に強い断然GoProが欲しくなってきた。

あとこの装置、重くは無いが片手で持っていると流石に手がしんどくなってくる。
改善要望をあげるとすれば、電源オンのままちょっと置く事も出来ないので小型の三脚が取り付けられるように三脚のネジ穴をつけて欲しい。
それとバッテリーのみの販売もして頂きたいと思う。

サンコー 3軸電子制御カメラスタビライザー ※日本語説明書付き 3AXSTA8H

RX100M2+スタビライザー


先日購入した比較的安いタイプのスタビライザーにSonyのコンパクトデジカメRX100M2を取り付けてビデオ撮影を行ってみた。
調整は事前に分かっていたが結構難しい。
前後左右のバランスを整え、そこそこいい感じに調整を終えいざ子どもと近所の公園へ。

DSC_1223

簡単に撮影できるかと思っていたがなかなかスムーズにいかない。
直進している時などはまぁまぁ安定して撮れるのだが向きを変えた時などに大きく揺れてしまう。
フェリー(船)に乗っているかのようなフワフワした感じと言ったらわかるだろうか。
右手でグリップを持ち、左手を添える感じなのだが、水平に調整したので子供をとられるために常に少し前かがみに倒すような形になっているのも悪いのかもしれない。

自宅へ戻りさっそくPCで確認。
一定の効果はあるものやはり向きを変えるときなど酔いそうな感じだ。
素人なりに考えた結果が
・練習は必要。高価なものを買っても同じだろう。
・RX100M2は軽すぎた。この製品は0.15-2Kgとなっている。RX100M2は280gなんで規格内だが頭が軽すぎて微妙な感じなんだと思う。
・ゆっくり動く。素早い動きは厳禁。吸収しきれない。
という事。
RX100M2は軽いし動画の画質も良いので一番期待していたのだが次回はもう少し重いNikon1 V1かEosX7で試してみようかと思います。