GoPro Hero4 Sliver


前回の記事で軽く紹介しましたが半年くらい前にGoProHero4のSliverを購入しました。
コストコで購入したのですが衝動買いです。
利用用途は毎度おなじみですが子供撮り、決してアクションカム的な動画撮影するわけではありません。
GoProを選んだ理由は小型であることと電子制御式の3軸ジンバルに取り付けられるという事。
すでに同じような機器であるSJ4000を所有し結構頻繁に使用していまして映像自体は満足しているけれど、音が糞過ぎてGoProに行きついたという訳であります。
SonyのAS300が非常に気になりますけどジンバル用という事でGoPro。
価格は4.5万ほどしました。

DSC_9276DSC_9277

アクションカム的な使い方はしないので付属のケース類など不要、本体だけでもう少し安くならないかというのが本音。

DSC_9278DSC_9279

一応、防水ケースに入った状態はこんな感じです。
野外での子供撮りを想定しておりまして今回これと併せて安い互換バッテリーと充電器を購入しました。
本体で充電できますが充電しながら撮影したいという事もあり殆ど充電器目当てで購入しました。
複数個同時に充電できるところもイイ!

DSC_9298

さて本体ですがHero4 Sliverは背面にLCDモニターがありまして、SJ4000と比較するとすごく見やすく良いです。

DSC_9293

音も決して良いとは言えないけどSJ4000と比較したら天と地ほどの差があり十分なレベル。
野外の場合はちょっと風切り音がきになる感じなので何か対策が必要かもです。

私の場合はfullHD60pでしか今のところ使ってませんが映像は凄くシャープで綺麗。
SJ4000が予想外に高画質だっただけにGoPro画質はあまり感動はないけど音が良いだけに全体の印象はGood。

メーカーの公称値では満充電で1時間10~くらいバッテリーが持つようで今のところバッテリーが途中で切れることもなく公園などで子供動画撮影をしております。

多少使い込んだらまた使用感などお知らせしたいと思います。

子供の運動会で使うカメラ 結果編


9月に入っても遠方に台風が発生しているせいか天気が悪い日が続いているが、運動会の日は梅雨の晴れ間のように暑く天気が良かった。

検討編でお知らせしていた運動会であるが当日はNikonのD600+70-200mmと同社Nikon1 V3+70-300mmで挑んだ。結局のところV3の出番はなくD600のみの運用になってしまった感じです。
というのは幼稚園の園庭は狭く、保護者の応援席が周りにあり実際に子供が走ったりお遊戯をする場所の広さはテニスコート1面ほどしかない。
V3+70-300mmでは望遠過ぎる。

快晴だったのでV3でも行けるぞと思い、場所取り後V3での撮影確認をしたわけだがワイド端の70mm(35mm換算で210mm)にしてもかなり離れないと全身を入れて撮ることができなそうだったので早々にV3での撮影はやめにしD600一本で運用することにした。

D600は特に動体に強いわけではないけど幼稚園児くらいなら走っていても全然AFはOK。70-200mmなのでちょうど200mmでV3のワイド端くらいの画角。
これでも3~4メートル離れないと子供の全身が入るように撮影することはできない。それほどV3は超望遠なのだ。

私が場所取りしたところが園児たちの入場門のすぐ脇だったので、場所的にもV3では難しい。RX100M2+D600という組み合わせが良かったかもだが、D600+70mmでも何とか行けた感じだ。

他の幼稚園はどうかわからないが、私の子供が通っている幼稚園の運動会の場合、応援席での撮影はOK。あとはカメラ席というところが少しありそこから撮影。それとお遊戯などの場合は撮影タイムというのがあり園庭内で近くに行って少しの時間撮影できる。
というような感じで撮影できるタイミングも結構限られる。
だいいちに狭い幼稚園の園庭に児童の数の倍以上の保護者+αがいるので、そうでもしないとぐちゃぐちゃになるだろう。

わが子の出番はお遊戯と地区代表のリレー。
お遊戯は応援席から。
リレーはカメラ席から撮影した。
総じてうまく撮影はできたと思うが良かった点と悪かった点をまとめてみたい。

良かった点
・やはりフルサイズの画質は最高。当日は晴れたが多少曇りでもレンズの明るさもありいい写真が撮れたと思う。

悪かった点
・カメラが大きいので人ゴミは大変。重さは気にならないが大きさは周りの環境で不利に働いたり気を使うこともある。
・200mmでは応援席からだと上半身のアップなどは撮れない。
・D600だと連写はあまり使えない。連写というよりは連続撮影。連写が息切れしてしまう。性能的にはもう少し行けるはずなので高速なSDカードを準備したほうが良かったかも。

以上です。
フルサイズは画質&立体感の一言に尽きますな。
こういった取り回しが厳しい現場では総合的にはAPS-Cの一眼かAPS-Cのミラーレスカメラが画質、運用の面でバランスが取れているのだと思います。
ちなみに幼稚園が手配したカメラマンはCanon 7Dmk2にそれほど大きくもないレンズを付けて撮影していました。

顔や名札をぼかしたりした写真は掲載したくないけどせっかくなので一部を切り取った写真を参考程度に載せておきます。

DSC_3716

運動会で使うカメラについてはいろいろなwebサイトで紹介しているけど自分なら今(2016/09現在)めちゃくちゃ底値になっているCanonのEosKissX7ダブルレンズキットかピンぼけ量産の心配の少ないNikon1のJ5のダブルレンズキットをお勧めしますね。
この2機種なら運動会以外でも色々な場面で使えるでしょうし、少しお高いコンデジ並みの価格で売られているのでかなりお得です。
(尚、お金の余っている方はCanonの7Dmk2とかNikonのD500あたりかフラッグシップのフルサイズを買ってください。)

以前偶然みたWebサイトでNikonのP900やSonyのRX100(無印)を勧めていましたが問題外です、まったく撮れないことはないですが運動会などの動くものを撮る場合はオートフォーカスの速さとシャッターを押して実際にシャッターが切れるまでの応答速度が重要です。一眼レフがベストですがミラーレスやコンデジでも特にその辺を重視して選定すると失敗がないと思います。

子供の運動会で使うカメラ 検討編


今週末の土曜日は今年幼稚園に入園した長男の初の運動会。
聞く話では代表園児何名かが走るリレーに出るそうである。
息子の晴れ舞台とあってばっちり写真を撮りたいところであるが使用するカメラで悩んでいる。

運動会に使えそうな私のカメラは
Nikon1V3+70-300mmの超望遠カメラ。
もしくはD600+VR 70-200f2.8のフルサイズカメラ。
非常に悩ましい。
Nikon1ならどこにいても子供を狙うところができるだろうし動画もそこそここなす。
しかし画質の面ではD600にかなり歩がある。
それに幼稚園の園庭程度ならそれほど広くないからD600でも画角的には十分賄える。

ちょっと整理してみようと思う。

Nikon1のメリット
・どこからでも撮れる。
35mm換算200-810mmなので園庭程度ならどこからでもそこそこ大きく撮れる。
・アップも撮れる。
上半身のアップとかも余裕だろう。
・動画も撮れる。しかも撮りながら静止画も撮れる。
FullHDで動画を撮りながら写真を撮ることができる。
・連写が鬼なので徒競走くらいならスタートからゴールまで撮れるかも。
10枚/秒で4.5秒行ける。
・取り回しが良い!
軽いしAPS-Cの一眼の標準ズームレンズサイズだ。

Nikon1のデメリット
・ピーカンで無いとISO上げる必要があり画質が落ちる。
途端にざらつく。
・広角側が200mmなので近すぎると使えない。
・2線ボケがいまいち。

D600のメリット
・とにかく画質が素晴らしい。
ため息のでる美しさ、そして立体感、臨場感。
・レンズの明るさもあって曇りでも綺麗。
nikon1と比較すると天と地ほどの差がある。
・ボケが美しい。
70-200f2.8のボケは素晴らしく美しい。

D600のデメリット
・デカい!
Nikon1の大きさは2倍、重さは3倍はあるだろう。
・目立つ、浮く。
70-200f2.8は200mmのレンズとしてはデカめだから同じように一眼を持ってくる人と比較しても大きいほうだろう。

以上それぞれのメリット、デメリットを羅列してみたが簡単に考えれば画質か?取り回しか?の選択になりそうだ。
どちらのカメラでも甥のサッカー撮影に比べればずっと楽なので、どうって事なくそれなりの写真が撮れるだろう。
Nikon1でもNikonのwebサイトにある陸上選手の写真のような感じで撮れるはずだ(ただしピーカン)。

SDIM1087
この大きさの差は如何ともしがたい。

SDIM1089
重さは良いが人混みのなか取り回しはどうだろう。
三脚は無理だが一脚はなんとか使えるだろうか。

最終結論としては
晴れたらNikon1
そうでなければ車だし、とりあえず両方持っていくという事にします。

ちなみに近くはRX100M2で撮りパナの4KビデオカメラHC-VX980Mも持っていきます。
ビデオは妻担当。

結果はまた来週に。
ご期待あれ。