EPSON NP12のメモリとHDDの換装


主にFAXサーバー用途で使用しているEPSONの小型PC、NP12のメモリ増設とHDD交換を行った。
DSC_1187 DSC_1189
メモリは1Gから2Gへの換装。
せめて4Gほしいところだがメモリスロットが1つしかなく仕様上2Gがマックスらしいので1Gを取り外して2Gに交換。
次にHDD、こいつは2.5インチのHDDを使用しているのだが今回も例のハイブリッドHDDに換装。
私の中では安価にできるチューンナップとしてこのハイブリッドHDDを使用している。高価な大容量のSSDに換装をするくらいなら新品のそこそこ性能の良いPCに買い替えた方が安く済むからである。ハイブリッドHDDの場合、1TBytesで約10,000円。古いPCを読みかえらせるために投資できる金額はこれくらいだろう。

さて例の如く、換装前のHDDイメージをAcronisでバックアップ。
HDDをハイブリッドHDDに換装後リストアにて引っ越しは完了。

DSC_1191 DSC_1192

以前同じくハイブリッドHDDに換装したX61の時ほどの動作速度の向上はないが確実に早くなった感じ。
メモリ2Gの恩恵はこのPCでの用途ではあまりないみたいだがハイブリッドHDDの効果でアプリケーションの起動速度の改善がみられ、めっちゃ遅かったPCがまずまず使用に耐えうるレベルになった。

IBM X61 HDD換装 東芝のハイブリッドHDD


東芝のハイブリッドHDD、良いものでした!

【SSHD】【ハイブリットHDD】MQ01ABD100H TOSHIBA2.5HDD (1TB,5400rpm,S-ATA,8GBフラッシュ)

簡単に説明しますと8GのSSDと1TのHDDが合体したもので頻繁にアクセスされるデータはSSDから読みだされる的な、ちょっと大容量のキャッシュを積んだような製品のようです。
詳しい内容が知りたい方はメーカーページで確認してみてください。
今回私の場合はIBMのThinkPad X61というWindowsXPの時代のノートPCにこちらの製品を導入しました。
すでにHDDを1Tに換装、Windows8にアップグレードして使用していたのですが、電源ON後、まともに使用できるまでの時間が我慢ならずノートPC自体を買い替えるか、SSDに換装するか、など検討していたところでした。
このPCは堅牢性と使いやすいのとで主に仕事に使用しているのでこの遅さは命取りということでSSDを物色していたところこちらの製品を発見、同容量のSSDに比べたら非常に安価なためダメ元で購入。
(amazonで1万円以下、パッケージ版だとプラス1000円程度。)
早速AcronisでHDDの中身を丸ごと引っ越し換装してみた。

DSC_5909

このタイプのHDDは換装が楽で良いです。
とくにX61の場合はPC本体横からHDDが取り外せるので換装作業はものの10分程度で完了。

で、換装後の使用感としては私的には(この環境では)劇的に動作速度が改善。
正確に時間を計ったわけではないのだがWindows8の起動も劇的に速くなった気がします。
MS Outlookなどもアイコンクリック後使用できる30秒以上、下手すれば1分とか掛かっていたが、10秒程度で開くようになりました。
私のThinkPadもまだまだ戦える状態に!

ちなみにこのハイブリッドHDDなんですがもう一台購入しております。
なんでかと言いますと、HDD故障でジャンクなMacbookpro15インチ(2010)を安価で手に入れまして、それ用にと。
しかしそうは簡単にはいかずリカバリメディアなし、メモリも1枚ダメっぽい。バッテリー死亡と、あと数万円の投資は必要になる予感。