メインPCのHDDをSSDに換装


SSDが安くなってきたので家のPCを順番にSSD化しようということで、今回メインのデスクトップのHDDをSSDに換装した。
先日ノートPCを購入したときに廃棄しようと思っていたデスクトップであるが、なかなか出番が減らずそのままにしていたのあけれど、ノートPCは仕事用という事もあり、SSDにてデスクトップを復活させることにしたのです。
今回購入したSSDはamazonで250GBクラスでは最安値のTranscend製の256GBのもの。
とうとうこの程度の容量のものが1万円で買える時代になりました。
20GB数十万円のPC98の外付けSCSI-HDDの時代を知っているだけに実に安くなったと時代の流れを感じずにはいられません。

折角なのでOSを新規インストール。
起動は明らかに速くなったが、SunDIskのSSDに換装したノートPCよりCPU性能はデスクトップの方が明らかに上なのに若干起動時間がかかる。これが値段の差なんでしょうか。
とはいえ換装前に比べたら実に快適です。

このTranscendのSSDのパッケージには2.5インチ→3.5インチ変換金具が同梱しているのでデスクトップの場合でもそのまま取り付けることができる。この点ではSundiskより親切といえるかも。

Posted in PC
Tagged with

SSD換装で処理速度は速くなる?


とある業務用システムのデータベースをSSDに置き、バッチ処理をさせてみた。
通常のHDDで17分ほどかかる処理が6分程度に短縮。
SSD恐るべし。
これで書き込み回数による寿命が無ければ最強なのだが。。。
せめて天文学的な数値ならいいけど、10万回とかじゃすぐ死にそう。
技術革新に期待するが如何に。