メインPCのHDDをSSDに換装

SSDが安くなってきたので家のPCを順番にSSD化しようということで、今回メインのデスクトップのHDDをSSDに換装した。
先日ノートPCを購入したときに廃棄しようと思っていたデスクトップであるが、なかなか出番が減らずそのままにしていたのあけれど、ノートPCは仕事用という事もあり、SSDにてデスクトップを復活させることにしたのです。
今回購入したSSDはamazonで250GBクラスでは最安値のTranscend製の256GBのもの。
とうとうこの程度の容量のものが1万円で買える時代になりました。
20GB数十万円のPC98の外付けSCSI-HDDの時代を知っているだけに実に安くなったと時代の流れを感じずにはいられません。

折角なのでOSを新規インストール。
起動は明らかに速くなったが、SunDIskのSSDに換装したノートPCよりCPU性能はデスクトップの方が明らかに上なのに若干起動時間がかかる。これが値段の差なんでしょうか。
とはいえ換装前に比べたら実に快適です。

このTranscendのSSDのパッケージには2.5インチ→3.5インチ変換金具が同梱しているのでデスクトップの場合でもそのまま取り付けることができる。この点ではSundiskより親切といえるかも。