Raspi4+Xojo サンプルプロジェクト_ContainerControlExample

RaspberryPi4 Raspbian busterにて
XojoのサンプルプロジェクトContainerControlExample.xojo_binary_projectを動作させてみた。

まず母艦のLinuxにてサンプルプロジェクトを開くと

ss_host2

で、こちらで起動すると

ss_host1

のようにきれいに収まります。

RaspberryPi4上でリモートデバッグにて走らせると

ss_guest1

のようになり、テキストボックスやら何やらの表示が少しおかしな事になってしまう。
母艦も初めは同じようだったけど何とか調整して教示が綺麗に収まったので、こちらも調査したいと思います。

何はともあれラズパイ4はストレスなく動作して良い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です